今注目されているweb広告の仕組みであるアドネットワークを用いて配信されるDSP広告ですが、注目さているからこそ、次から次へと新しいDSP媒体が発表されるため、数媒体に運用依頼をしていた場合などは特に混乱を招き、せっかく運用依頼をしても効果が出る前に面倒になって中止してしまうというケースが少なくありません。
具体的な混乱の内容は多種多様ですが、それらをすべてまとめて運用できるようなシステムが「NDSP(DSP一括運用)DSPトレーディングデスクサービス」です。

さまざまなタグマネージャの管理タグを発行し、クライアント側にはその一つだけを設置してもらえば運用できるようにするシステムのため、このおかげで個別にタグを設置する必要がなくなります。
これは利用者の広告配信目的をベースに、各DSP媒体のメニュー内から最も適した配信の条件を選び出すための調整を一括運用してくれるサービスのことで、もっと簡単に説明すると、デジタル広告、つまりweb広告についての運用を代行してくれるわけです。

このトレーディングデスクサービスを行っているWeb広告運用代理店「NDPマーケティング」のサイトを閲覧していただくとわかりやすいかもしれません。
ちなみにこちらの会社では、DSP広告に限らず、あらゆるウェブプロモーションに関わるサービスを多数取り扱っているため、興味のある方は是非当サイトへアクセスしてみてはいかがでしょうか。

詳しくはこちらから