賃貸不動産の取扱いをする人にとって有効な資格と言われているのが賃貸不動産経営管理士です。
こちらは賃貸住宅管理業者登録制度が改正されたことによって重要事項の説明やそれに対する記名・押印、さらには管理や経営に関するサポートといったあらゆる業務を行います。
現在は新築マンションや民泊などの需要が高まっているため、ますますこのような資格が重宝されると予想されています。

賃貸不動産経営管理士の主な活躍の場として挙げられるのが不動産会社です。
何故なら、登録事業者はこの資格を持っている従業員を設置することが義務付けられています。
賃貸物件の仲介や管理を行う業界のため、業種へのニーズが大きくなっているのです。
不動産業界への就職や転職を考えているのならば取得して損はありません。
また、これ以外の資格を取っておくことでますますキャリアアップが充実することでしょう。

不動産ココでは不動産関連の資格情報の提供を行なっています。
業界専門紙を発行している株式会社住宅新報が運営しているため情報も正確で資格試験団体とのネットワークも強固だと言われています。
さらに、資格によっては動画で対策講座も行なっているため、情報収集だけでなく合格までのプロセスも見つけることができるのです。

https://fudousan-koko.jutaku-s.com/qualification/detail/3