麻布のかどわきは日本料理店なので、当然、日本ならではの食材が使われています。
しかし、時には外国人観光客が訪れることもあり、外国人でも手軽に楽しめるような食材も使われることがあります。
例えば、トリュフが挙げられます。
麻布のかどわきといえば、トリュフ御飯が有名なお店として知られているのです。
トリュフの香りを堪能しつつ、日本らしいお米のご飯をいただけるということで、外国人のみならず、日本人にも人気の定番メニューとなっています。
もちろん、その時の旬の食材も使われることが多くなっています。
一年を通していつ訪れても、その時ごとの旬の料理を楽しめるようになっているところが、このお店の強みでもあると言えます。
また、食材は常に新鮮なものを用意しています。
素材を活かした料理も堪能できるため、素材の味をしっかり楽しむことも可能です。
小さなお子さん連れでも訪れることができるように、様々なメニューをいただけるお店と言えます。