がんが発見されたとき、妊娠中の女性は子供の命をとるか、自分の命を優先するのかの選択に迫られることがあります。
こうしたケースは映画やドラマなどにもされるなど、認識されている方も多いかもしれません。
一方、未婚の女性やこれから子供を持つことを考えるという時期にがんが見つかった場合、一般的にはまずはがんを治して、健康になってから子供を持とうと考えることでしょう。
しかし、白血病をはじめとするがんに罹患してがん治療を行うことで、その副作用や影響によって閉経が早まってしまうなどのリスクがあります。
過去にはこのリスクが医師から告げられず、がん治療を終えた時に子供を持とうと思ったら、まだ年齢的には若いのに閉経していたというショッキングな事態に陥った方もいます。
現在ではリスクの説明が基本となっていますが、その場合の対応まで提案してくれる医療機関はまだ多くありません。
その対応というのが、将来の不妊リスクに備えた卵子凍結です。
がん治療の医師と生殖医療の医師や卵子・受精卵に関わる医療施設の連携がないとできません。
卵子凍結により将来の妊娠の可能性を残せたことで、辛いがん治療も頑張れる、乗り越えることができたというがんと闘う女性たちの声も聞かれます。