自分が住んでいる自宅を売却して利益が出ると3000万円の特別控除が受けられます。
利益が3000万円以上の時は居住用財産の買い換えの特例を受けるか、3000万円の特別控除を受けるかどちらか選択可能です。
買い換えの特例を選択した場合は次回の家を買い替えた時まで課税を繰り延べすることができますが、3000万円の特別控除や戒厳税率の特例を受けることはできなくなるので注意してください。
「イエイ一括売却査定」では買い換えの特例の適用条件である譲渡資産、買換え資産、その他の条件全てについて書かれています。
特例は全ての条件に当てはまらないと受けることができないので必ず全部に目を通しクリアしているのか確認するようにしてください。

買換資産の条件に出てくる耐火建築物は条件が細かいため、購入する場合は担当の不動産会社に特例が適用できるか確認した方がよいでしょう。
利益が出た時の譲渡所得の計算方法も書かれているので実際どの位の利益が得られるのか計算してみてください。
計算例のところでは、買い換えの特例を受ける場合と3000万円の特別控除と軽減税率の特例を受ける場合の比較がされていてとても分かりやすいです。
計算例を参考にしてどちらを選べば自分にとってプラスになるかの判断材料にしてください。
確定申告書に必要な書類の一覧も載っているので、買い換えの特例を受ける方は「イエイ一括売却査定」を見ればスムーズに書類を揃えられるのではないでしょうか。
売却を進めていく段階で分からないことが出てきた時は、担当の不動産会社にその都度確認するようにしましょう。

https://realestate-counselor.jp/hitsuyoukeihitohitsuyousyorui/